介護職員初任者研修とは、介護職の資格について

介護職に必要な資格として、以前は介護福祉士とホームヘルパー1級〜3級がありましたが、近年はホームヘルパー3級の養成講座はほとんどみなくなっています。

 

介護職の求人応募条件も、たいていホームヘルパー2級取得者もしくは介護福祉士取得者であるのが一般的です。

 

介護福祉士は養成学校を卒業するか、指定事業所もしくは施設での実務経験3年以上で国家試験を合格することで、介護福祉士として登録できます。

 

養成校に入るのでなければ、ホームヘルパー2級を取得し実務経験を積みながら介護福祉士を目指すという道があり、理論上はホームヘルパーより専門性をもっているのが介護福祉士という位置づけになります。

 

平成25年4月から、このホームヘルパーの1級〜3級養成のための研修と、介護福祉士の国家試験受験時に受けなければならない介護職員基礎研修が一元化され、介護職員初任者研修という名の研修が実施されることになりました。

 

この研修は、訪問介護事業に従事しようとする人や、在宅・施設を問わず介護の仕事に従事しようとする人が対象になります。

 

実質的にはホームヘルパー2級が廃止され、介護職員初任者研修の受講終了がヘルパー2級と同程度の扱いになるということです。

 

これを足がかりに、今後は介護福祉士へのキャリアパスが一本化される予定になっています。

介護の資格には介護職員初任者研修があります

介護の資格には介護職員初任者研修があります。この研修はホームヘルパー2級、訪問看護員2級と呼ばれていましたが、名前が変わりました。

 

名前が変わったその理由には、福祉施設での仕事に役立つ実践的なものであることから、ということと、福祉施設でのホームヘルパーなどの需要が高まってきたことから、ということがあげられます。

 

そのほかに、福祉施設での仕事に携わる職員を増員する必要性から、名前が変更されたとされています。

 

この新しい制度によって、福祉施設で働く職員たちはすぐに実務者研修に写ることができるようになり、よりキャリアアップがしやすくなります。

 

初任者研修を取得する方法はホームヘルパー2級のときとあまり大きな違いはなく、スクーリングや通信講座などで130時間以上の研修を積む必要があります。

 

しかし、初任者研修の場合はこれまでと違い、必ずしも福祉施設での実習30時間を必要としなくなりました。

 

その代わり、スクーリングなどでの実技や実習をしなければならない時間が42時間から90時間と2倍以上に増えています。

 

また、研修の最後には必ず筆記試験を受けなければならないことになっています。

 

筆記試験の内容は受けた研修の内容を確認する程度のもので、きちんと研修を受けていれば資格取得の障害にはならないものです。

 

 

介護の現場で重宝される介護職員初任者研修の資格について

現在日本は超高齢社会となっており、世界でも他に例の無い状況になりつつあります。

 

国民の25%ほどが65歳以上となっており、高齢者の介護が今まで以上に求められるようになっております。

 

それに関係するのが介護職員初任者研修という資格です。

 

介護を行う際にはいきなり介護をしろと言われてもなかなか出来るものではありません。

 

これは実際の介護を行う上での基本的なノウハウを身につけることが出来、段階的にもっと上級を目指すことが出来るようになっております。

 

介護や福祉の現場で働くことを考えている方は、まずは取っておきたいところです。

 

先ほど超高齢社会となっていることを説明しましたが、それに合わせて介護や福祉のためにこの資格を取得する人が増えております。

 

介護や福祉の現場は、現在人手不足が深刻であり、今後も需要が増えることが予想されております。

 

ただ、介護の仕事をしようとすると現場ではかなり過酷な労働となるためにも長続きしない人も多く、かなり意志の強い人でないと大変です。

 

そのような状況ですが、この介護職員初任者研修を取得するつもりであれば、取得のためのスクールや通信講座で学ぶのが一般的となっております。

 

仕事をしながらでも夜間の講習を受けたり土日を利用して取得を目指す方も多いです。